膣のゆるみは運動不足が原因!

デスクワークは運動不足になりがちです。仕事を頑張ってこなすほど、長時間同じ姿勢でいることになりますよね。デスクワークといえば首や肩のコリ、足のむくみに悩まされる女性が多いですが、実は膣のゆるみにも深く関係しています。どうして膣がゆるんでしまうのか? それは、胴体の一番下にあり、ハンモックのように広がっている骨盤底筋が衰えてしまうからです。骨盤底筋は膀胱や子宮などの内臓を支える重要な筋肉。筋肉は使わないと衰えていく一方ですよね。しかもこの部分は膣だけはでなく尿道と肛門があり、3つの穴が開いています。くしゃみや大笑いをした時などに、尿モレをしてしまった経験がありませんか?骨盤底筋の衰えは膣のゆるみだけでなく、尿モレの原因にもなってしまうんですよ。

膣のゆるみは「若いから大丈夫」ではない!

膣のゆるみは、まだ若いからといって安心してはいられません。骨盤底筋が衰えれば、年齢に関係なく20代でも膣はゆるんでしまうんです。パートナーがいる人にとって膣のゆるみは自分だけの問題ではありませんよね。女性ならパートナーを満足させてあげたいし「締まりがない」なんて思われたくはないはずです。

運動不足以外の原因も

膣がゆるむ原因は骨盤底筋の衰えだけではありません。便秘でいきみ過ぎたり、妊娠、出産など骨盤底筋に負担が掛かることも原因になります。筋肉の衰えを改善するにはトレーニングが必要です。気になるお腹のたるみを解消するには、筋トレや運動が欠かせませんよね。膣のゆるみも同じです。骨盤底筋を鍛えて「キュッ」と締まりの良い膣を目指してみてはいかがでしょうか。

膣圧とは女性の膣の中の圧力のことで、大人の握力よりはるかに弱いといいます。セックスやトレーニングで鍛えられます。