無意識の習慣に潜む原因を探る

タイミングを選ばぬトイレのつまりの原因の多くは、大量の紙や水に溶けず流れない異物の混在、目に見えない水回り設備の不具合などと周知されていますが、一方で意外な原因が見過ごせません。とりわけそれらが無意識の日常習慣に潜んでいる場合、当事者が気づかず、あるいはときに良かれと思って実践した結果であり、なんとも残念な展開です。ここでポイントとなるのが、その原因を招いた習慣が、元来のトイレ使用時、すなわち排泄時ではないケースです。具体的にはトイレ掃除など、個室空間における他の作業のなか、トイレの水回りに悪影響を蓄積させてしまうケースがひとつ、そしてもうひとつが「節約」が過ぎてしまっているケースです。

一般的にあまり紹介されていない原因

部屋数の少ない賃貸マンションなどの場合、トイレが風呂場と一体化したユニットが普及しています。浴槽の清掃後、拾い集めた髪の毛を、つい「1度だけなら大丈夫だろう」と便器に流したことがキッカケで、それが日常となっている方は、おそらく潜在的に少なくないでしょう。髪の毛が下水詰まりの原因となるという知識を持ちつつ、自覚していない典型例です。次に日々のわずかずつの節約を意識して、タンクからの水量や水圧を減らす設定を自らが施した結果、トイレの詰まりを誘発してしまうケースも見られます。小さな我が子に自分ひとりでトイレをさせる習慣をつけさせたい時期に、水が流れる音を怖がるからとこの処置を施し、結果大がかりな補修工事の必要に迫られた事例も報告されています。水洗トイレは元来設定された水量で適正に利用してこそ、確実に汚物を流して清潔に使い続けられるシステムであり、このように故意に設定を変更する対応はおすすめできません。

トイレのつまりは酷い時とそうでない時があり、自宅で専門用具で治せる場合を除いて、専門業者に来てもらうのが良いです。