地球環境にやさしい長持ち

LED照明が登場してから、家の中の照明をLEDに変更する人が増えてきました。長持ちすること以外にも、多数のメリットがあるため、理解して使用することが望ましいでしょう。
長持ちするといわれても、通常の蛍光灯よりも少し長い程度と考えていませんか。実は大きく異なります。白熱灯の場合は半年程度ですが、電球型蛍光灯の場合3年半、更にLED照明の場合には11年と大幅な違いがあるのが特徴です。照明を配置する場所によっても長持ちするかどうかは変わりますが、何度も交換せず余分なごみを出さないことによって、地球環境にも配慮できるメリットもあります。ごみが増えないことによって、地球環境を守れることが最大限のメリットです。

LEDのメリットはとても多い

長持ちする面からだけではなく、コスト面からもメリットがあるといえます。LED照明の場合、初期費用は他の照明と異なり高いといわれていますが、11年程度使うことを考えると、コストは格段に違うといえるでしょう。白熱灯とLEDを比較すると、四分の一程度にコストを下げることができます。電気代も同程度に下げることができるため、コスト面からも導入するメリットは高いです。
また、つけてすぐに電気が明るくなることや、紫外線を出さないために虫が寄り付かないのもメリットといえます。家庭の夜間照明についてデメリットを気にする人も少なくありませんが、LED照明の場合は全く虫が寄り付かないため、安心して屋外の照明にも使えるでしょう。

LEDライトパネルの場合、消費電力が非常に少ないことで優れた省エネ効果が期待できる他、長寿命で交換頻度を減らせることからコスト削減にもつながります。