そもそもCADって何だろう?

CADは、建築分野や工業分野のデザインをするときに使用される、設計図面を作成するためのコンピューターソフトのことです。デザインの修正や編集をマウスやキーボードで容易にできるメリットがあります。また、完成物は紙ではなくデータとなるため、過去の設計資産などを再利用しやすいメリットもあります。

種別としては、平面図を作成するための2DCADと、立体構造物を設計するための3DCADがあります。CADオペレーターと呼ばれるCADを扱う専門職も存在し、CAD利用技術者試験などの資格もあります。

手書き製図のメリットやデメリット

CADが普及している中、手書き製図にこだわる人もいます。手書き製図にはメリットはあるのでしょうか。手書き製図のメリットは、製図や設計などの基本知識が身につけやすいのです。CADを利用するために、パソコンに詳しくなるなどを煩わしい作業から解放されます。また、手書きであると、実際の設計物のスケール感をイメージしやすいのもメリットです。

しかし、手書き製図はデメリットもあります。成果物が紙となるため設計物の共有や再利用ができないのです。また、修正がCADに比べて大変であることもデメリットです。

CAD導入時の注意点について

CAD導入時には導入の目的を明確にしましょう。CADの導入にはコストもかかりますし、設計者の教育も必要です。CADの導入は企業にとっては一大イベントとなるため、導入目的をはっきりさせないと導入途中で挫折することにもなりかねません。

販売されているCADは、様々なタイプがあるため、会社の業務スタイルにマッチしたCADを選びましょう。CADの操作性によって業務効率が大きく左右されます。データ形式の確認も重要です。自社が扱っているデータ形式を採用しましょう。

パソコンを用いて製図や設計ができるソフトウェアをCAD(キャド)と言います。電気CADとは、電気設計に重点を置いたCADのことです。