水回り設備の誤った使い方がトラブルを招く

水漏れは配管設備が破損して水が漏れ出た状態を指します。経年劣化で腐食した配管が壊れて起こるイメージがありますが、必ずしも古い設備にだけ生じるわけではありません。住宅での水漏れトラブルはキッチンやトイレなどで頻発しますが、配管設備が新しい新築物件でも使い方を誤ると設備が破損して水漏れが発生するのです。キッチンでは熱水や油を流す、トイレでは大量の排せつ物を一度に流すなど配管に過剰な負担をかける使い方が水漏れを引き起こします。特にトイレについてはトイレットペーパーやペット用トイレの砂、介護用のおしりふきといった水溶性の異物が配管の内側にこびり付いて傷つけるケースが多いので注意が必要です。

水漏れトラブルを防ぐための工夫について

水漏れトラブルを防ぐには適量の排水を厳守することを何よりも優先します。流れる水の量が多くなるとそれだけ配管にかかる圧力も大きくなります。少しずつ傷みが進み、限界を超えた時点で配管が破損してしまうのです。同じ水量でも一回ですべてを流すのではなく、何回かに分けて少しずつ流すのが配管を傷めない工夫になります。また、排水は冷水に限定することも重要なポイントになります。熱水や油は配管の著しい劣化に繋がるので絶対に流してはいけません。キッチンではゆで汁をそのまま流しがちですが、冷水を混ぜて十分に冷やす習慣を持つことを心がけます。油についてはそのまま流さず、別の方法で処分することが大切です。トイレについても流す量を小分けにする他、排せつ物とトイレットペーパー以外の物は水溶性であっても流さないことを心がけます。

自宅のトイレが水漏れしたら、自分でなんとかしようとするのではなく、すぐに専門の業者に連絡を入れましょう。スピーディーに対応することが大切です。